オデッセイの中古エアロはどれくらい?

平成27年にフルモデルチェンジで登場したホンダの新型ステップワゴンは、これまでのファミリータイプミニバンで一般的であった2000ccエンジンから、欧州で活発に導入されているダウンサイジングターボエンジンを搭載して、1500ccのターボモデルに生まれ変わりました。

リヤゲートが縦にも横にも開くという特殊な装備のほか、これまでも定番の広くて使い勝手の良い室内空間を実現しており、現在も人気が継続しています。

先日の東京モーターショウでは、ホンダモデューロのエアロパーツなどを装備した新型ステップワゴンが公開されましたが、ホンダのエアロといえばやはり無限であり、無限からもステップワゴン専用の精巧なエアロパーツが多数用意されています。

新型ステップワゴン用の無限パーツには主に次のような商品が用意されています。

まずはフロントグリルで、クロームメッキとダーククロームメッキの2種類が用意されていますが、いずれも3枚のメッキパネルを横向けに3段並べたようなデザインで、中央にホンダのエンブレムが備えられ、純正モデルとは全く異なったデザインになっています。

またエンブレムの隣には、無限ホンダの刻印エンブレムも加わっています。
価格はクロームメッキが7.3万円、ダーククロームのほうが8.6万円程度です。

次にフロントのアンダースポイラーは、左右のフォグランプの間を一本の太いメッキラインがつなぐようなデザインで、ちょうどナンバープレートの下あたりに大きなインパクトを与える商品になっています。価格は6万円程度です。

続いてサイドですが、サイドドアとその下部に装着するサイドガーニッシュが用意されています。ローフォルムを演出する精巧な商品で、価格は塗装込みで12.7万円程度です。

最後にリヤのアンダースポイラーは、左右が分割するタイプで純正バンパーの下部に装着する商品になっています。価格は塗装込みで4.8万円程度です。
このほかにも無限の専用アルミホイールなどが用意されています。

新型ステップワゴンのエアロパーツはどんな感じ?

平成27年にフルモデルチェンジで登場したホンダの新型ステップワゴンは、これまでのファミリータイプミニバンで一般的であった2000ccエンジンから、欧州で活発に導入されているダウンサイジングターボエンジンを搭載して、1500ccのターボモデルに生まれ変わりました。

リヤゲートが縦にも横にも開くという特殊な装備のほか、これまでも定番の広くて使い勝手の良い室内空間を実現しており、現在も人気が継続しています。

先日の東京モーターショウでは、ホンダモデューロのエアロパーツなどを装備した新型ステップワゴンが公開されましたが、ホンダのエアロといえばやはり無限であり、無限からもステップワゴン専用の精巧なエアロパーツが多数用意されています。

新型ステップワゴン用の無限パーツには主に次のような商品が用意されています。

まずはフロントグリルで、クロームメッキとダーククロームメッキの2種類が用意されていますが、いずれも3枚のメッキパネルを横向けに3段並べたようなデザインで、中央にホンダのエンブレムが備えられ、純正モデルとは全く異なったデザインになっています。

またエンブレムの隣には、無限ホンダの刻印エンブレムも加わっています。
価格はクロームメッキが7.3万円、ダーククロームのほうが8.6万円程度です。

次にフロントのアンダースポイラーは、左右のフォグランプの間を一本の太いメッキラインがつなぐようなデザインで、ちょうどナンバープレートの下あたりに大きなインパクトを与える商品になっています。価格は6万円程度です。

続いてサイドですが、サイドドアとその下部に装着するサイドガーニッシュが用意されています。ローフォルムを演出する精巧な商品で、価格は塗装込みで12.7万円程度です。

最後にリヤのアンダースポイラーは、左右が分割するタイプで純正バンパーの下部に装着する商品になっています。価格は塗装込みで4.8万円程度です。
このほかにも無限の専用アルミホイールなどが用意されています。

チューニングカーニュース

Cars Site

我ら愛車売り隊!
車を売りたいと思ったらまずネットで愛車の売却相場を知ってから行動しましょう!