無限レジェンドの中古価格は?

ホンダのフラッグシップサルーンであるレジェンドは、平成16年に登場したKB-1型が日本で初めての280馬力規制突破車として話題を呼びました。

この車は、SH-AWDというハイテク四輪駆動車で、前後左右のトルク配分を車の動きに合わせて最適に制御する機能を有しており、高速走行においては、吸い付くようなカーブでのドライビングが可能になっています。

無限はホンダのハイパフォーマンスモデルであり、レジェンドにおいてもエアロパーツだけではなく、様々なチューニングや専用ボディパーツ、アルミホイールなどが用意されています。

無限ホンダのレジェンドは、中古車市場でも人気が高く、その希少価値から価格はかなり高めの設定になっています。

なお、マイナーチェンジ以降のKB‐2型や現行モデルのKC-2型においては、ほとんど中古車市場に無限レジェンドは存在しません。

中古市場で最も流通しているのはKB-1型で、無限仕様のエアロを装着した程度のモデルであれば、ノーマルモデルとの価格差はほとんどありません。

H16年式の10〜11年落ちでは、既に価格も二ケタの中盤程度にまで下落しており、平成19年〜20年頃のKB-1型末期モデルでも、走行距離の長いものについてはすでに二ケタになっています。

なお、走行距離が浅く、無限仕様や無限のチューニングが施されているモデルは、中古車価格がいまだに100万円台の中盤から後半と、かなり高い水準を維持しています。