ヴェゼルのマフラーを無限にしたいけどどうだろう?

ホンダが2013年より製造販売しているコンパクトクロスオーバーSUVのヴェゼルは、ホンダフィットをベースに開発されていますが、フィットとは全く別物の高級感があり、スタイリッシュなクルマに仕上がっています。

また、発売当時はまだ数が少なかったSUVのハイブリッドが手に入るということでも大きな話題になりました。

標準モデルのヴェゼルに搭載されているエンジンは1500ccなので、ハイパワーを期待するほどのエンジンではありませんが、ハイブリッドの場合はモーターのアシストが加わるので2.0Lエンジンに匹敵する112kW(152PS)の高出力を実現しています。

燃費はハイブリッドならではの27km/Lを達成しているので、ランニングコストも抑えることができます。

ランニングコストが浮いた分、別のところにお金をかける余裕も生まれます。

たとえば、無限制のマフラーをヴェゼルに装着すると雰囲気がかなり変わります。

無限はホンダのクルマをスポーティに演出する様々なドレスアップアイテムを作っていますが、この無限制のマフラーを装着することで変わるには、まず見た目です。

純正マフラーだとテールパイプがむき出し状態ですが、無限マフラーを装着することで後ろから見た感じがぐんとお洒落になります。

二つ目にサウンドが変わります。

低回転での音質が変わるので、アクセルを踏み込むのが楽しくなります。

ただ、吹け上りに関しては、それほど大きな変化は体感できないかもしれません。